ビンゴ景品を準備するなら目玉賞品と残念賞のギャップがあると良い
二次会景品のお悩み解決

目玉賞品で参加者を興奮させよう

結婚式の二次会などでは、皆が盛り上がる余興としてビンゴが行われる事がよくあります。

誰が最初にビンゴとなるのかは完全に運任せですから、老若男女が楽しめるのが魅力です。

そんなビンゴ景品は、思い切り豪華な目玉賞品にしたほうが、会場が沸き立ちます。
早くビンゴになれば自分のものになると考えるだけでも興奮しますし、そうした中で
数字が順調に揃う人もいれば、まったく揃わない人も出てきますから、その悲喜こもごもで
参加者は楽しい時間を過ごせます。

楽しく過ごす

では、どれだけ豪華な品にすればいいのかと考えるとき、ビンゴ景品専門店の景品ハッピーでは熊本産黒毛和牛「和王」が人気です。

高級なお肉はもらったら家に持ち帰ってすぐに食べられますし、多くの人に喜ばれる食材です。

菜食主義というわけでなければ、食べないという人はいないでしょう。独身の人であれば
一人でお腹いっぱいに食べられますし、家庭のある人は家族がそろって堪能できます。

ビンゴ景品として普段の食事ではあまり口にすることのない熊本産黒毛和牛「和王」を
貰えれば、そのビンゴをやったイベントは忘れられないものになるでしょう。

ビンゴ景品をより多くの人に行き渡るようにする

ビンゴは、運の良い人だけが景品を手にできます。
でも、リーチになってるけどビンゴになれないと、ガッカリしている人にも
残念賞を用意しておけば、より多くの参加者が何かしらの品をもらえるようになります。

ただ、残念賞はビンゴした人がもらえる目玉賞品よりも大幅にランクを下げたものに
したほうがいいです。もしそれなりに豪華な品にしてしまうと、ビンゴになった人の
特別感が薄れてしまいます。

残念

では、どんな品がよいのかというと、景品ハッピーでは数百円程度のお菓子やタオルなどを販売しています。

景品ハッピーで販売しているビンゴ景品は、楽しいパーティーに相応しく一風変わった物もあります。もらって困るものではないけど、目玉賞品に比べるとちょっと見劣りしてしまうというくらいにしておくことで、ギャップがでて良いでしょう。

また、景品ハッピーでは、包装・ラッピングを行わず持ち帰りに便利な手提げ袋サービスを行っています。

もらった人は残念賞をその場で確認して、周りの人と一緒にその品についてお喋りができれば
会場はさらに盛り上がるでしょう。